トップ ヒーリングサロンガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ヒーリングサロンガイド知っておきたい用語集 > チャネリング

チャネリング

チャネリングの画像

 チャネリングとは、高次の存在や、天使、神など、眼に見えない存在や遠く離れた存在、あるいは内なる存在とつながり、情報を受け取ることです。チャネリングを行う人のことを、チャネラーと言います。チャネラーは、ひらめきや直感などを使って、受け取った情報をことばにしたり、書き表したりします。

 日本では特に、バシャールや神との対話、シルバーバーチなどが知られています。チャネリングを行う人物としてはエドガー・ケイシーが有名です。

 最近では、特別な能力を持っていなくても、誰もがチャネリングを出来るようになるともいわれており、チャネリング講座も各地で開催されています。

 チャネリングには、いくつかの方法があります。

【トランス・チャネル】
チャネラーに、情報を与える何かが乗り移ったような状態です。フル・トランスでは完全に別人格になり、チャネラーに記憶は残りません。半トランスでは、チャネラーの意識はありますが、自分を完全に制御しているわけではなく、記憶も曖昧です。どちらもしっかりとした訓練をしなければ、チャネラーにとって安全な状態とはいえません。

【コンシャス・チャネル】
トランス状態にならず、通常の意識のままで行われるチャネリングです。思考や感情が思い浮かぶように感じます。記憶を失うこともありません。チャネラー自身が対象と会話することもできます。内容がどれだけ正確かは、チャネラーがどれだけ理解しているかによって変わるようです。

【自動書記】
対象とつながり、自動的に書いたり喋ったりします。感じるままに自然に手を動かしている場合と、本当に勝手に動いて制御できない場合があります。

【音声化・視覚化】
夢や幻覚のように、音や映像で見えるタイプです。瞑想状態で行われることもありますが、基本的には意識がある状態です。聞こえ方、見え方には個人差があります。

ヒーリングサロンガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。